吉田類の酒場放浪記

店舗情報

#1053祖師ヶ谷大蔵「兼美(かねよし)」

初回放送:2022年1月17日(月)

  • 祖師ヶ谷大蔵「兼美(かねよし)」画像1

祖師ヶ谷大蔵駅から歩いて15分ほどの場所、建物と建物の間の細い隙間を進んでいくと「兼美」の暖簾が見える。新宿で料理人をしていた大将が、この路地奥に店を構えて10年になる。冬の時期には、ふぐのメニューが並ぶ。吉田さんも大将おすすめの「ふぐ煮凝り」を頂く。そして初体験のトラフグの白子が入った「ふぐ白子酒」。大将がおすすめの飲み方を教えてくれた。実は大将は「庖刀師(ほうとうし)」と呼ばれる、庖刀を使った儀式を奉納する庖丁の使い手。庖刀師の大将が作る絶品の「アジのたたき」に吉田さんも脱帽。世田谷の路地の奥に職人技の光る「ご馳走」があった。

  • 祖師ヶ谷大蔵「兼美(かねよし)」画像2

  • 祖師ヶ谷大蔵「兼美(かねよし)」画像3

電 話:03-3415-3462
住 所:東京都世田谷区砧3-5-8
定休日:土・日・祝

エリア

立ち寄り

東光山 妙法寺

創建は350年前の妙法寺。ここに「回る」大仏像がある。「おおくら大仏」として親しまれる大仏像の前で、吉田さん手を合わせてみると…大仏が動いた。

電 話:03-3417-8080
住 所:東京都世田谷区大蔵5-12-3
創 建:約350年前

※店舗情報は放送時のものです。住所、電話、営業時間、定休日などは変更されている場合がありますので、ご利用前にお店にご確認ください。

2022年1月17日(月)の放送ラインナップ

おすすめ情報

BACK TO PAGETOP