CM枠のセールスをする際、うまく交渉を進められた時に達成感を感じます

魚津昌利

営業推進部(2019年入社)

写真
Q1

会社での一日のスケジュールを教えて下さい

  • 出社

    お笑い芸人のラジオを聴き、時に吹き出したりにやけてしまいそうになるのを抑えながら出社しています。マスクに助けられている日々です。

  • メールチェック

    前日の退社後から出社までに来ているメールを一通りチェックします。すぐやるべきこと、後に回しても大丈夫なものを確認して、業務に取り掛かります。

  • 営業局会

    営業局全体の定例会議。各営業の作業状況やセールス状況、スケジュール等を確認します。この営業局会で使用する資料は毎週私が作成しています。前日までに出来上がるよう取り組んでいます。

  • ランチ

    先輩と一緒に会社の外に食べに行くことが多いです。赤坂は名店が多いので何を食べるかいつも迷いますが、私の不動の1位は「同源楼」という中華料理のお店です。

  • 営業推進部会

    営業推進部の定例会議。部員それぞれが作業状況や報告事項を共有し合い、今後のセールスに役立てています。

  • 作案作業

    スポットCMの作案作業。「BS-TBSでCMを流したい!」というスポンサー様からの発注依頼を営業外勤や広告会社からもらい、どの番組でそのCMを流すか、どうすれば売り上げをさらに積むことができるか考えながら、パソコンとにらめっこしています。

  • 帰宅

    帰りもラジオを聴きながら帰宅。帰宅後はジムへ行ったり、ランニングをしたり、気ままに過ごしています。

Q2

お休みの日は何をしてますか?

学生時代にやっていたラグビーを社会人になった今もクラブチームで続けています。怪我をして業務に支障をきたさないよう、楽しく安全第一にプレーしています。いつでもメンバー募集しておりますので、ご興味のある方は是非!
あと、映画を見くことも多いです。見たい作品が多い時期は、ほぼ毎週のように映画館へ行っています。

Q3

BS-TBSに入社した理由を教えて下さい。

子どもの頃から極度のテレビっ子だったので、将来は放送局で働きたいと思い続けていました。大学生になってからもその思いは変わらず、むしろ増すばかりで、他の業界には目もくれずという状態でした。ですが、こんなことを言いながらも、どこでもいいというわけではなく、首都圏からは出たくなかったので、東京の放送局を中心に受け続けた結果、幸いなことにBS-TBSから内定を頂き、入社しました。TBSグループにはテレビとラジオ両方あるので、私にとって夢の詰まった社屋です。

Q4

これから入社を目指す人へ一言お願いします

「特にこれをやっておくべき!」というものは考えつかないのですが、テレビに限らず、映画や舞台などとにかく多くのコンテンツには触れておいたほうが良いと思います。
人々にワクワク、感動を提供するテレビ局で働く上で、感性を時代に合わせ常にアップデートし続けることは必要不可欠です。
いろいろなものに触れて、自分が楽しいと思うものを沢山見つけてください!きっと、いつかそれが役に立つ日が来るはずです!