">

BS-TBS

マシュー・ボーンの『ロミオ+ジュリエット』

男性版『白鳥の湖』の熱狂から5年。
全英を虜にした鬼才マシュー・ボーンの野心作、ついに日本初上演!

マシュー・ボーンの『ロミオ+ジュリエット』

お知らせ

最も残酷で痛ましく、そして最もセクシーな「ロミオとジュリエット」 白鳥を男性ダンサーたちが演じた『白鳥の湖』など、古典を大胆な解釈で再構築してきた英国の鬼才マシュー・ボーンが2019年世に放ったのは、言わずとしれたシェイクスピア悲劇の名作「ロミオとジュリエット」。ストレートプレイはもちろん、ケネス・マクミラン振付によるクラシックバレエの名作、そしてミュージカルも人気を博した「ロミオとジュリエット」は“マシュー・ボーン・マジック”によって人々の期待を裏切らないスリリングでスタイリッシュな作品として大ヒットとなった。 クラシックバレエ版と同じくプロコフィエフの音楽を使いながら、もちろんただの「ロミオとジュリエット」ではない。舞台は14世紀のイタリアではなく、近未来。反抗的な若者たちの矯正施設“ヴェローナ・インスティテュート”で物語は繰り広げられる。対立するモンタギュー家とキャピュレット家という存在は無いが、理不尽な抑圧の中で若者たちが抱える生きづらさは共通のテーマだ。 原作ではジュリエットに密かに想いを寄せる従兄のティボルトは、ここではジュリエットを蹂躙する看守であり、二人の恋人たちを支援するローレンス神父は女性に変わっているものの頼れる存在のまま、そしてロミオの親友であるマキューシオはゲイとして描かれていたりと、マシュー・ボーンならではの“ずらし”を発見するのも楽しみの一つかもしれない。 2022年秋、ダンスの殿堂として知られるロンドンのサドラーズ・ウェルズ劇場との共同製作作品として本作の新たな始動が発表された。2023年夏に開始される英国内ツアー、アメリカ、フランスツアーを経て2024年春、待望の来日が実現する。マシュー・ボーン作品の日本での上演は、2019年の“新演出版”『白鳥の湖』以来5年ぶりとなる。 これまでのニュー・アドベンチャーズ来日公演でおなじみの顔ぶれも多いキャスト陣による本作はマシュー・ボーンファンにとって必見といえるだろう。

概要

【公演名】 マシュー・ボーンの『ロミオ+ジュリエット』 【期 間】 2024年4月10日(水)~21日(日) 【会 場】 東急シアターオーブ 〒150-8510 東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ11階 【上演時間】 1時間50分 (休憩含む) 【Cast】 ロミオ(Wキャスト) PARIS FITZPATRICK パリス・フィッツパトリック RORY MACLEOD ロリー・マクリオド ジュリエット(Wキャスト) MONIQUE JONAS モニーク・ジョナス BRYONY PENNINGTON ブライオニー・ペニントン ティボルト(Wキャスト) DANNY REUBENS ダニー・ルーベンス ADAM GALBRAITH アダム・ガルブレイス ほか 【Staff】 原作:ウィリアム・シェイクスピア 音楽:セルゲイ・プロコフィエフ 演出・振付:マシュー・ボーン 美術・衣裳:レズ・ブラザーストン 照明:ポール・コンスタブル 音響:ポール・グルースイス オーケストレーション:テリー・デイヴィス 【チケット】 特典付SS席*:平日15,000円/土日16,000円 S席:平日13,000円/土日14,000円 A席:平日11,000円/土日11,500円 B席:平日/土日共通8,000円 C席:平日/土日共通5,500円 *特典については近日発表予定 (全席指定・税込) 主催:ホリプロ/TBS/BS-TBS 企画制作:ホリプロ 後援:ブリティッシュ・カウンシル