BS-TBS

警視庁機動捜査隊216V まだ見ぬ夜明け

この番組は終了しました

沢口靖子主演!タイムリミットは24時間!容疑者は銭ゲバ5人…殺害現場で消えた200万の謎!?

◆キャスト
沢口靖子、赤井英和、芳本美代子、岡本玲、松尾諭、斉藤祥太、河相我聞、池内万作、大方斐紗子、伏見哲夫、モト冬樹、三浦浩一、角替和枝、佐藤B作、西村雅彦 ほか
◆スタッフ
脚本:安井国穂、村川康敏 監督:児玉宜久 制作年:2015年
4Kアイコンについて
このマークがついている番組は4K画質で収録されている番組です。BS-TBS 4Kにてご視聴いただくと、4K映像がお楽しみいただけます。4K放送の視聴方法など、詳しくはこちらをご覧ください。

次回の放送

番組内容

沢口靖子主演「警視庁機動捜査隊216」シリーズ第5弾。老女殺人事件を皮切りに起こる、真昼の傷害事件、そしてトラック盗難事件…。1日に次々発生する事件に、沢村舞子が率いる機動捜査隊のメンバーが立ち向かう。今回も機動捜査隊の24時間勤務という時間軸の中で、巻き起こる事件、さまざまな立場の人物の人間模様を丹念に描きつつ、刑事たちのサスペンス感あふれる緊迫感と臨場感を表現する。2015年作品。 【ストーリー】 傷害、強盗、殺人などの事件が発生した場合、現場に真っ先に駆けつけ事件の初動捜査に当たる機動捜査隊。そこに所属する警部補・沢村舞子(沢口靖子)がある日、巡査部長・金子(赤井英和)と管内パトロールに出動していると、とある住宅で変死体が発見されたという無線連絡が入り現場に急行。遺体は現場の一軒家に1人暮らしをしている家主の宮本千恵(大方斐紗子)という老女だった。通いの家政婦・竹山和子(角替和枝)が何者かに撲殺された千恵を発見したときには、室内は荒らされた状態だった。舞子たちは早速、近隣の捜索をするが、不審者は見当たらず、駆けつけた所轄の専従捜査班に捜査を引き継ぎ、再びパトロールに戻る。

番組からのお知らせ

リンク

番組へのご意見・ご感想