BS-TBS

ホテルマン東堂克生の事件ファイル~八ヶ岳リゾート殺人事件~

この番組は終了しました

石ノ森章太郎の名作コミック「HOTEL」のスピンオフドラマ! 内藤剛志&内山理名が「ホテルマン&刑事」のバディで事件を解決に導くヒューマンミステリー。

◆キャスト
東堂克生(「プラトン ロイヤルホテル八ヶ岳」総支配人)…内藤剛志 高梨薫(警察庁・特別広域捜査官)…内山理名 清水大樹(山梨県警捜査一課・刑事)…井上拓哉 須藤義之(「プラトン ロイヤルホテル八ヶ岳」パティシェ)…田中俊介 松岡みのり(須藤の婚約者)…山下リオ 佐々木雅也(須藤の同級生・宅配ドライバー)…岡本智礼 望月真治(須藤の同級生)…横山涼 篠崎彩菜(雑誌記者)…柊子 須藤弥生(須藤の母)…大島蓉子 北山修二(「プラトン ロイヤルホテル八ヶ岳」コンシェルジュ)…東根作寿英 山下みなみ(「プラトン ロイヤルホテル八ヶ岳」ブライダル部)…あめくみちこ 真田英介(山梨県警捜査一課・第三係長)…天野慶久 静子・アンリ(宿泊客パスカル・アンリの妻)…いしのようこ 中上冬樹(人気作家)…デビット伊東 高梨絵里子(故人・東堂の元婚約者・薫の母)…紫吹淳 松岡智久(みのりの父)…永島敏行
◆スタッフ
原案:石ノ森 章太郎 企画協力:石森プロ 大石賢一 脚本:稲葉 一広 監督:児玉 宜久 音楽:大河内 元規 撮影協力:大和リゾート株式会社 特別協力:Royal Hotel 八ヶ岳 企画:イグチ キイチ(ジャンゴフィルム) プロデューサー:井口 欣生(BS-TBS) 田中 誠一(ジャンゴフィルム) 製作:BS-TBS ジャンゴフィルム
4Kアイコンについて
このマークがついている番組は4K画質で収録されている番組です。BS-TBS 4Kにてご視聴いただくと、4K映像がお楽しみいただけます。4K放送の視聴方法など、詳しくはこちらをご覧ください。

次回の放送

番組内容

石ノ森章太郎の名作コミック「HOTEL」のスピンオフドラマ! 本作品は、石ノ森章太郎の名作コミック「HOTEL」を原案としたスピンオフドラマ。「プラトン ロイヤルホテル八ヶ岳」の総支配人(ゼネラルマネージャー)東堂克生<とうどうかつき>が、ホテルに隣接したコテージで起きた殺人事件を解決に導いていくヒューマンミステリーが完成! 総支配人・東堂克生役は、BSの新作ドラマ初主演・内藤剛志。 久しぶりに演じる刑事・検事以外の役どころに注目! 総支配人・東堂克生を演じるのは、「科捜研の女」(テレビ朝日)「警視庁・捜査一課長」(テレビ朝日)、「今野敏サスペンス 警視庁強行犯係 樋口顕」(テレビ東京)など、数々の人気ドラマシリーズに出演する内藤剛志。意外だが、BSの新作ドラマに出演するのが、他局も含めて今回が初!刑事や検事以外の役どころを演じるのはかなり久しぶりのことだという。厳しい表情をみせる警察ドラマから一転。にこやかにお客様に応対するホテルマン・東堂GMへの転身に注目。 東堂には娘がいた!? 事件解決のバディ役・高梨刑事役は、内藤剛志と息ピッタリの内山理名! 今回のドラマでは、オリジナルエピソードとして、元婚約者の娘=東堂の娘が、刑事・高梨薫として登場!初めて会った親子というギクシャクした関係ながら、「ホテルマン&刑事」のバディで、殺人事件を解決していく。高梨薫役を演じるのは、テレビ・映画での活躍のかたわら、近年はヨガインストラクターとしても活動する内山理名。内藤剛志とは過去に何度かの共演もあり、二人の息はピッタリ! ベテランから若手まで多彩なキャスト出演! 永島敏行、紫吹淳、いしのようこ、あめくみちこ、大島蓉子、デビット伊東、東根作寿英ほか、ベテラン実力派キャストが多数出演!井上拓哉、田中俊介、山下リオ ら、若手のフレッシュな俳優たちにも注目。 また、YouTuber役として出演するのは、人気YouTuberの さとひろ と日向結衣。 監督は2時間ミステリーの大御所・児玉宜久。脚本は、「特捜9」や2時間ドラマを手掛ける稲葉一広。 【あらすじ】 2年前、ホテル「プラトン東京」から、ここ「プラトン ロイヤルホテル八ヶ岳」に総支配人として着任した東堂克生(内藤剛志)。お客様に最高の時間と空間を提供するため、スタッフとともに日々奮闘している。コンシェルジュの北山修二(東根作寿英)は、宿泊客パスカル・アンリ(Frederick Benoliel)と静子(いしのようこ)夫妻の恩人探しに奮闘。若手パティシェ・須藤義之(田中俊介)の作るスウィーツは宿泊客に好評で、人気作家・中上冬樹(デビット伊東)はそれを目当てに滞在するほどだ。須藤は、松岡みのり(山下リオ)との結婚も決まっており、ブライダル担当の山下みなみ(あめくみちこ)は、同僚の結婚式の準備に張り切っている。 ある日、ホテルに隣接したコテージで殺人事件が発生。警察庁・特別広域捜査員の刑事・高梨薫(内山理名)と山梨県警捜査一課の刑事・清水大樹(井上拓哉)が捜査に駆けつける。 頭部から血を流し死亡していた男性は、東京で飲食店を経営する望月真治(横山涼)と判明した。 東堂も立ち会い現場検証が行われた。山梨県警捜査一課・第三係長の真田英介(天野慶久)は、薫と清水に、ホテル関係者の聞き込みだけをしてくれれば結構と言い渡す。どうやら、警察庁からの出向である薫と、地元の名士の息子である清水は真田から疎まれているようだ。 事件発生のその夜。薫は東堂を呼び止め、自分の母は5年前に病気でこの世を去った高梨絵里子(紫吹淳)であり、自分はあなたの娘だと告白する。動揺する東堂。33年前、東堂と絵里子は、お互いの夢を尊重するために婚約を解消したのだった。絵里子に宿った新しい命の存在を、東堂は知らなかった──。 東堂と薫の間に微妙な空気が流れるなか、捜査は進む。 被害者の望月には借金があり、半グレとの付き合いがあったこと、望月とパティシェの須藤が中学時代の同級生だったことが判明。さらに殺害現場でドライラズベリーの粉末が採取されたことから、須藤が容疑者として浮上。当初は関与を否定していた須藤だが、一転、犯行を自供。しかし、東堂も薫も違和感を覚える。須藤が何かを隠しているのではないかと…… 須藤の婚約者・みのりの父、アスカホールディングスCEOの松岡智久(永島敏行)や、須藤の母・弥生(大島蓉子)、須藤の親友の宅配ドライバー・佐々木雅也(岡本智礼)、望月が経営するバーの取材をした篠崎彩菜(柊子)ら、関係者の証言から浮かび上がる真実とは…?

番組からのお知らせ

リンク

番組へのご意見・ご感想