火曜よる11時

過去の放送

Season1 放送内容

#1「多摩川源流の森へ」

2018年7月4日

今回の目的地は、多摩川源流の森が広がる山梨県丹波山村のキャンプ場。キャンプで定番の宿泊用のテントを、ヒロシは・・・張らない!かわりに取り出したのは、なんとハンモック!長いキャンプ歴のなかでたどり着いた究極の寝床だという。設営時間はわずか数分。あとは山の空気に胸をひらいて自然の中に身をゆだねるだけ。常識に縛られない自由すぎるヒロシのぼっちキャンプに密着!

#2「たった独りの肉祭り」

2018年7月4日

多摩川源流、丹波山村のキャンプ場にやってきたヒロシ。夜が迫るなか、焚き火に使う薪拾いは、ひとさまの余りものを集めて回る“手抜きスタイル”がヒロシ流。ヒロシこだわりの焚き火台で、今夜、ひとりぼっちで焼くのは・・・肉、また肉。実は、料理が苦手なヒロシ。でも、キャンプを重ねるうちに、ごはんの炊き方だけは、達人級の腕前になったという。絶品ごはんと一緒にいただく焚き火肉の美味しさたるや・・・ヒロシ悶絶!

#3「高原のキャンプ場へ」

2018年7月11日

今回は、日本一標高の高い車道峠を越えて、長野県川上村へ。行く手には険しい未舗装林道が!愛車の四輪駆動車、ジムニーの本領発揮とばかりに、喜び勇んで山を駆けあがるヒロシ。ところが・・たどりついた高原のキャンプ場には、まさかの人、人、人・・・。ヒロシは、果たして“ぼっちキャンプ”を実現することができるのか?

#4「俺の萌えランタン」

2018年7月11日

夕食の食材の買い出しのために訪れた村の食品・雑貨店で、歓待を受けるヒロシ。人とのふれあいを極力避けたがるヒロシだが、店主の手作り塩焼きそばをいただくと・・・まさかの絶品!撮影の段取りを無視して、ついつい食べ過ぎてしまう。サイトに戻ったヒロシが取り出したのは、愛してやまないオイルランタン。夜のぼっちサイトをほのかに照らすランタン。その揺らめく炎が創り出す森の陰影にヒロシの萌えが止まらない。

#5「奥秩父の清流へ」

2018年10月1日

酷暑の夏。涼を求めてヒロシが向かったのは、埼玉県奥秩父の清流沿いのキャンプ場。とにかくゆったり過ごしたいヒロシは、いつもの通り、人の気配から逃れてどんどん森の奥へ。ようやく見つけた自然感あふれるキャンプサイトに大興奮!涼やかな清流のほとりで、愛してやまない脱力ランチ「カップ焼きそば」をすすり、心も体も解き放たれていく・・・。

#6「俺が焚き火を愛するとき」

2018年10月8日

奥秩父のキャンプ場にやってきたヒロシ。長い昼寝を楽しんだあとは、のんびり起き出して焚き火の準備だ。地面をならし、倒木を切り出して自分好みの“色気のある焚き火”づくりに余念がない。静かな夜の森に慎ましく立ちのぼる炎の、艶っぽいゆらめき。時間を忘れてひとり眺めるヒロシの胸が知らず知らずのうちに焼け焦げていく・・・。

#7「僕はひとりじゃない (前編)」

2018年10月15日

キャンプ当日、ヒロシの愛車 ジムニーがまさかの故障!急きょ、スタッフの車でキャンプに行くことに。いつもとは違う快適なオートマ車で、ヒロシの精神面にも影響が・・・。こころなしかフワフワしたノリのまま、道中、林業のおじいさんから“スウェーデントーチ”を購入。お気に入りのキャンプ場で、滝のそばのベストポジションも確保。「キャンプ仲間と来たみたい」な、“3人ぼっちキャンプ”のゆくえは・・・?

#8「僕はひとりじゃない (後編)」

2018年10月22日

愛車ジムニーの故障により、スタッフの車でキャンプ場に来たヒロシ。日が暮れると、いよいよお楽しみの“スウェーデントーチ”を点火。丸太の内側からのぞく仄明かりにおおいに萌えるヒロシだったが・・・しばらくすると、トーチがまさかの大炎上!ぼっちキャンプの料理に、過ぎたる大火力。はたして、無事、料理はできるのか!?いつもと違う“3人ぼっちキャンプ” がヒロシのノリを変える。

#9「俺の愛用品」

2018年10月29日

過去に登場したヒロシ愛用のキャンプ道具を一挙紹介する特別編。火おこしのための道具から、食事、寝具まで、全ての道具にヒロシのこだわりが詰まっている。特にヒロシが愛してやまないのが、照明道具、ランタンだ。100年前から変わらない構造のドイツ製ランタンの明かりは、置く場所によってさまざまな表情を見せてくれるのだという。ヒロシのこまかい萌えがとまらない。

#10「秋の奥利根水源の森へ」

2018年11月5日

肌寒くなった初秋、紅葉を求めてヒロシが向かったのは、標高1400メートル、群馬県奥利根川上流の野営キャンプ場。道中、緑から赤く染まっていく街道沿いの景色にヒロシのテンションも上がる。錦秋の落ち葉が敷き詰められたキャンプ場に興奮したヒロシは、これまでとは微妙に色が違う新作ハンモックをおろし、至極満悦する。ブナの木に抱かれたひとりぼっちの贅沢な時間が、ヒロシを包み込む・・・。

#11「ぼっち秋みつけた」

2018年11月12日

奥利根のキャンプ場にやってきたヒロシ。寝床を決めた後、冬のような寒さにたまらず、焚火の準備をはじめる。ヒロシいわく、秋こそが焚火のベストシーズン。寒空のもと、体と心を温めてくれる焚火との距離感がたまらないという。今夜の焚火めしは、秋の味覚・サンマ。そして、冷えた体を温めようと、蟹、牡蠣を入れた秋の鍋を調理。豪華な鍋が完成!のはずが、突然のハプニングがヒロシに襲いかかる。

#12「湖畔の老木は語る」

2018年11月19日

初秋、ヒロシがやってきたのは群馬県片品村にある湖畔のキャンプ場。開けた場所が苦手というヒロシだが、水辺に佇む樹齢数百年はあろう朽ちた老木を発見し、大興奮。老木が辿ったであろう悠久の歳月に想いを馳せ、思わず自分の人生を考えてしまうヒロシ。朽ちた老木と語らいながら、食べる“のり弁”のうまさたるや・・・。老木とヒロシの奇妙な時間が湖畔の秋風と共にゆっくりと流れていく。

#13「今夜も夜霧に鹿が鳴く」

2018年11月26日

群馬県片品村にある湖畔のキャンプ場にやってきたヒロシ。焚き火用の薪を拾う途中で、苔むした流木たちと出会う。苔と木々の幽玄の世界に激しく萌えるヒロシ。さらに、足元に目を落とせば、そこには大量の鹿の足跡が!!鹿による夜襲に恐れていると、夕食の最中、突然、奇声にも似た鳴き声が・・・。夜霧の湖畔に鹿のおたけびが響き渡る。次第にヒロシの方へと忍び寄る鹿の影・・・どうなる!?

過去の放送一覧ページへ